葉酸でダウン症のリスク軽減

葉酸とはダウン症のリスクを軽減する水溶性ビタミンB群のことです。
一般的な妊娠初期の女性が飲むと、子供の先天性異常を予防できると言われていますが、ダウン症も実は効果があるんですってね。

 

実は、葉酸とはDNA合成に役立つビタミンBの効果で、ダウン症の原因とされているDNA異常を予防する効果があるそうです。
葉酸を摂取している人と葉酸が不足している人では、ダウン症の子供が生まれる確率は違うようです。

 

ある研究では、十分な葉酸を摂取していう人は、ダウン症のリスクを7割も減らすことができるそうです。
神経管障害もそうですが、やはり出産の時に、葉酸が欠乏してしまうと、子供の障害につながる可能性が高く、葉酸の必要性を感じます。

 

子供が一度障がいを持ってしまうと、やっぱり親が生涯面倒を見る可能性が出てきますので、一生子離れできないと思ってしまいます。
そもそも経済的に余裕がない家だったら、障害を持った子供を育てるのも、なかなか大変です。

 

芸能人とかだったらやっていけるのかもしれませんが、やはり一般サラリーマンのお給料では、なかなか難しいと思います。
だからこそ、出生前診断が、今すごく需要があるんだろうなって思いますね。