葉酸が不足するわけ

葉酸が不足する原因というのは様々あります。
葉酸が人の体に不足してしまう場合というのは様々なケースが考えられています。

 

なによりも1番分かりやすいことは、葉酸が含まれている食品を一切摂取しない、ということからくる葉酸不足です。
そして、何らかの身体の変化から体内に必要とされる葉酸の量が変化してしまい、その量に摂取量が追いつかないために不足してしまうのです。

 

例えば、妊娠をした女性というのは、そうではない女性と比較をすると多い量の葉酸が必要不可欠になります。
そのような状態であるにも関らず、摂取する量が妊娠前と比較して変わらない状態であれば、葉酸が不足してしまうようになるのです。

 

また、アルコールの過剰な摂取も葉酸不足となる原因の1つです。
アルコールの成分というのは葉酸の体内へ吸収される、という流れを阻害してしまうからなのです。

 

それでは体内に蓄積されている葉酸も減少させられてしまい、体内での葉酸の貯金がゼロになってしまい、葉酸不足になってしまうのです。

 

元々、葉酸は人の身体の中で少ししか溜め込むことができません。
そのため、しっかりと決められている量を摂取するようにしなければならない栄養素なのです。
そのことを良く覚えておきましょう。